超低用量ピル、ヤーズについて

「ヤーズ」は含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の量が、現在発売されている低用量ピルよりもさらに少ない「超低用量ピル」です。
現在発売されている低用量ピルのエストロゲン量が0.03から0.04ミリグラムなのに対して、ヤーズのエストロゲン量は0.02ミリグラムと非常に少なくなっています。
また、含まれている黄体ホルモンの種類も、これまで発売されている低用量ピルでは採用されていない「ドロスピレノン(DRSP) 」という種類です。

DRSPはこれまでの黄体ホルモンに比べて、体の中にある自然な黄体ホルモンにとても近い働きを持っているため、むくみなどの副作用が出にくいという特徴があります。
海外では主に避妊薬として認可を受けているものですので、もちろんきちんと飲めば避妊効果もあります。
全ての月経困難症に使えます。
ルナベルは「内膜症に伴う月経困難症」の人にしか使えませんでしたが、ヤーズは内膜症がない人でも月経痛がひどければ保険で処方が可能です。

自己負担額はルナベルとほぼ同じですので、月2,100円くらいになります。
エストロゲンの含有量が0.02mgの超低用量ピルです。

ピルによる吐き気の原因はエストロゲンによる作用ですので、これまでのピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える可能性があります。
含まれている黄体ホルモンがドロスピレノンです。

体内にある黄体ホルモンに働きが近いため、より自然な作用が期待できます。

今までのピルで特にむくみが気になった人は試してみる価値があります。

ヤーズは、海外では避妊薬としての他にPMDD(月経前症候群PMSによる精神症状)やニキビの治療薬としても認可されています。