超低用量ピルのいろは

日本で新しく販売開始された超低用量ピル、早速使ってみたい方はこちらを参考にしてください!

超低用量ピルのいろは
超低用量ピルのいろは

ピルとタバコは相性最悪

ピルの良いところは、ホルモンバランスに作用する事によって望まぬ妊娠をコントロール出来る事にあります。
ホルモンに作用するのがポイントで、もともと体質的にバランスが良くない場合にはそれを整える効果や、卵巣を休ませる事が出来るので卵巣の働きに起因する病気の予防についても効果が期待出来ると言われています。
更に他の薬剤との併用についても、支障が少ないのが魅力的です。
市販薬や外用薬についてはまず問題が無いですし、処方箋を必要とするような薬については多くは代替となる薬がある事から、ピル服用前に医師に相談すれば対処可能な場合が多いのです。
ピルと相性の悪いタバコしかし中には相性面の問題を有するものもあって、その1つがタバコです。
ピルには体内で血栓が出来易くなるという副作用があるのですが、タバコは血管に対して収縮作用を齎す事から血栓の危険性を助長してしまう側面があるのです。
しかもこの作用は全身に及ぶ傾向がある為、心臓・肺といった重要な器官に関わる血管に対しても血栓発生のリスクを高め、大きな病気を引き起こす可能性を増してしまいます。
その意味でピルとタバコは相性最悪なのです。
従ってピルの服用を検討する際には事前若しくは同時並行で、禁煙を目指す事が望まれます。