超低用量ピルのいろは

日本で新しく販売開始された超低用量ピル、早速使ってみたい方はこちらを参考にしてください!

超低用量ピルのいろは
超低用量ピルのいろは

超低用量ピルと低用量ピルの違い

超低用量ピルと低用量ピルの違いを考えている女性ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、超低用量ピルと低用量ピルの違いはそのホルモン量です。
超低用量ピルは卵胞ホルモンが低用量ピルの三分の二となっています。
避妊効果はどちらも同じであり、PMS、いわゆる生理前症候群や月経困難症などの治療にも使われます。
超低用量ピルは低用量ピルに比べ卵胞ホルモンが少ないことと黄体ホルモンが新しいタイプであることから、吐き気やむくみも少なくなるそうです。
ピルは安全性は高いのですが、血栓症には注意が必要です。
超低用量ピル、低用量ピル、どちらもホルモン量が少ないので副作用は稀ですが、卵胞ホルモンの量が多くなると血液が凝固しやすくなるため、血栓症素因のある人や煙草を吸う人が服用すると血栓症の危険性が高まります。
きちんと担当の医師に相談して服用することが望ましいでしょう。
超低用量ピルの中でも黄体ホルモンの種類が異なるものがあり、どちらを処方するかは医師の判断によるようです。
また、エストロゲンの量が少ないと動脈血栓のリスクは少なくなり副作用も起きにくくなるそうですが、不正出血が起きやすくなったりと、一長一短のようです。
しかし、医療の進歩から副作用の少ないピルが開発されるのは女性にとってはとても嬉しいことです。