超低用量ピルのいろは

日本で新しく販売開始された超低用量ピル、早速使ってみたい方はこちらを参考にしてください!

超低用量ピルのいろは
超低用量ピルのいろは

超低用量ピルは鬱の副作用があるかホームページで調べる

超低用量ピルは低用量ピルよりもさらに卵胞ホルモンの量を少なくした副作用の少ない薬です。
主に月経による苦しい症状を解消するた目に使う薬です。
そんな超低用量ピルですが副作用で鬱になる事はあるのでしょうか。
女性ホルモンとメンタルとは実は結構関係してきます。
ホルモンのバランスが崩れることでイライラが起こったり落ち込んでしまったりすることもあるのですが超低用量ピルに関しては鬱の副作用は気にする事は有りません。
ホームページなどでも調べてみれば分かりますが鬱という副作用については明記されていないのです。ですのでさほど気にすることなく使ってください。それよりも生理の深い症状が解消されることが優先です。
そもそも低用量のピルでさえもそのような事が起こりにくいのです。
しかし超低用量ピルを飲んでからメンタル面が不安定になることもあります。これはピルの影響ではなく他の事が関係していると考えていいでしょう。
元々ピルを飲んでいる事で不安を抱えている方は特にピルが原因で鬱になったのではと考えることが多いのです。
もしも気になるならホームページで確かめたあとにさらに先生にも相談してみるといいでしょう。
鬱もピルと違う原因で発症してしまった場合はメンタルクリニックなどに通ってください。この時はピルを飲んでいることもきちんと伝えなければいけません。
うつ病の薬との飲み合わせがあるからです。
ホームページにも書かれていないことですが超低用量ピルに限らず薬というものはフラシーボ効果があります。
これは薬を飲んでいるという意識により効果が出ることです。酔い止めの薬もフラシーボ効果が強く出る事があります。
元々思い込みのある方はこれの影響で少し鬱な気分になることも多いでしょう。