超低用量ピルのいろは

日本で新しく販売開始された超低用量ピル、早速使ってみたい方はこちらを参考にしてください!

超低用量ピルのいろは
超低用量ピルのいろは

超低用量ピルをネット通販で購入、価格は抑えられる?

超低用量ピルは日本で入手する場合、医師の処方がないと購入することが出来ません。しかもこの超低用量ピルは避妊目的に処方されることが認められていないので、必然的に治療目的での使用がメインとなります。
この超低用量ピル、含まれている女性ホルモンの量が従来のピルに比べてかなり抑えられていて、体への負担を最小限に抑えることができるといわれています。女性の体というものは女性ホルモンの影響を受けやすく、ピルに含まれるホルモン剤の量が多ければ多い程、強力なものであればあるほど、自律神経のバランスを乱してしまいます。これによってピルの副作用となる頭痛や腹痛、吐き気やめまいなどの症状が引き起こされているため、超低用量ピルを使えば必然的に症状の軽減にも繋がっていくのです。
超低用量ピルは産婦人科や婦人科を受診して、正規のルートだとピルシート一枚当たり3000円弱程度の価格で購入することができます。これが個人輸入、つまりネット通販を活用する方法であればシート一枚当たり2000円弱程度にまで価格を抑えることが出来ます。もちろん、ネット通販で購入する場合でも安全のために定期的な医師の診察は必要です。さらに、ピル服用開始直後の場合はその副作用やリスク、体との相性もあるので、ある程度慣れてくるまではクリニックでの処方をメインにするといいでしょう。ある程度体も超低用量ピルに慣れた段階でネット通販に移行していくことで、より安全に、安心してピル服用が可能になるのです。
超低用量ピルは使用したいけれど、その価格がネックになっている、もしくは長く継続して使用していくためにもその費用を抑えていきたい、そんな人におすすめの方法だといえるでしょう。